ニューカッスルはギブス・ホワイト獲得を検討 退団の可能性のあるギマランイスの代役としてリストアップか

多くのクラブから狙われている photo/Getty Images

評価額は5000万ポンド

ニューカッスルはノッティンガム・フォレストのMFモーガン・ギブス・ホワイトの獲得に興味を持っているようだ。英『Football 365』が報じている。

ニューカッスルは今夏の去就が不透明となっているブルーノ・ギマランイスの代役候補を探しているようであり、ギブス・ホワイトを主要ターゲットの1人として挙げているようだ。ギマランイス残留がチームにとっては好ましいが、ニューカッスルはプレミアリーグの利益と持続可能性のルール(PSR)違反を防ぐために主力選手の移籍をしなければならない状況にあると考えられており、ギマランイスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・シティなど様々なビッグクラブが獲得に興味を示している。

ニューカッスルはギマランイスの移籍金には1億ポンド(192億円)を要求すると考えられているようだが、同メディアによると、ギブス・ホワイトの評価額は5000万ポンド(約96億円)ほどとなっており、ギマランイス売却時の半分の金額で獲得できる可能性があるという。しかし、ギブス・ホワイトの獲得レースは現在、トッテナムやアーセナルがリードしているようだ。
ニューカッスルは今夏の中盤の補強としてアーセナルのエミール・スミス・ロウやレスターのキアナン・デューズバリー・ホールといった選手の獲得の噂も浮上しているが、どちらの選手も獲得を狙っているクラブは多く、一筋縄ではいかないだろう。

現在ノッティンガム・フォレストは残留争いを強いられてるが、人気銘柄のギブス・ホワイトは今夏にステップアップを果たす可能性が高いと考えられている。ギマランイスの去就も大きく関係してきそうだが、ニューカッスルは今後どのような動きを見せるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ