アザールらプレミアリーグの殿堂入り候補15人が発表

すでに今年の殿堂入りが決定しているアシュリー・コール photo/Getty Images

今年は3人が受賞予定

プレミアリーグは2024年の「Hall of Fame(殿堂入り)」の候補者15人を発表した。

「Hall of Fame」は2021年に設立され、プレミアリーグで活躍、貢献した選手や監督が表彰される賞である。これまで、19人の選手と2人の監督が受賞してきた。これまでの受賞者は以下のような錚々たるメンバーだ。

2021年には、デイビッド・ベッカム、デニス・ベルカンプ、エリック・カントナ、ティエリー・アンリ、スティーブン・ジェラード、ロイ・キーン、フランク・ランパード、アラン・ シアラーが受賞。
2022年には、セルヒオ・アグエロ、ディディエ・ドログバ、ヴァンサン・コンパニ、ウェイン・ルーニー、ピーター・シュマイケル、ポール・スコールズ、パトリック・ヴィエラ、 イアン・ライトが受賞。

2023年は、サー・アレックス・ファーガソンとアーセン・ヴェンゲルが監督として初めて受賞し、トニー・アダムス、ペトル・チェフ、リオ・ファーディナンドが受賞。

今年は、すでに受賞が決定しているアシュリー・コールに加え、さらに2人が受賞する予定だ。今年「Hall of Fame」にノミネートされたのは以下の選手達だ。

ソル・キャンベル
マイケル・キャリック
アンディ・コール
ジャーメイン・デフォー
セスク・ファブレガス
レス・ファーディナンド
ロビー・ファウラー
エデン・アザール
ガリー・ネビル
マイケル・オーウェン
ダビド・シルバ
ジョン・テリー
ヤヤ・トゥレ
エトヴィン・ファン・デル・サール
ネマニャ・ビディッチ

なお、受賞者には刻印入りのメダルが贈られ、受賞者が選んだ慈善団体に1万ポンド(約191万円)寄付されることになっている。

受賞者は4月22日に発表される予定だ。今年は誰が受賞するのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ