モドリッチやクロースのような選手が必要? 元チェルシーのジョー・コールは古巣にベテランの獲得を推奨

若い選手が多い今のチェルシー photo/Getty Images

若手が中心のチェルシー

元チェルシーの10番のジョー・コール氏は今のチェルシーには若手を指導できるようなベテラン選手が必要だと語り、今夏の獲得に動くべきだと古巣の補強について語った。

「私が取締役会にアドバイスするとしたら、 こう言うだろう。『若手を買い、大金をつぎ込み、みんな良くなっている。素晴らしいし、改善している。でも今後数年間、質の高い、経験豊富な選手を何人かグループに加えてはどうだろうか?』。全試合に出場する必要はないが、彼らは手助けはできるし、彼らはグループ内の基準を設定することができる。それがクラブ全体にとってプラスになると思う。しかし、この旅が彼らとともにどこへ行くのか、私たちはそれを見守ることになるだろう」(『METRO』より)

マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いる今のチェルシーは過渡期であり、経験豊富な選手がいることで指揮官の助けにもなるとコール氏は語っている。また「私なら、調子を整えるために経験豊富な選手を何人か起用するだろう」とも話しており、経験豊富な選手の例として、レアル・マドリードで若手と共にプレイをし、成長の手助けもしたルカ・モドリッチとトニ・クロースの名前も挙げている。
「ルカ・モドリッチはもう1年、プレミアリーグでプレイしたいのだろうか?彼はまだレアル・マドリードで活躍している。彼は(エドゥアルド)カマヴィンガ、(オーレリアン)チュアメニ、(フェデリコ)バルベルデをどれだけ助けただろうか。彼は選手として彼らに大きな影響を与えただろう。トニ・クロースは34歳だが、この年齢で自分を試して、ここに来てこの若いチームを助けたいと思っているだろうか?」

同氏はモドリッチやクロースが今のチェルシーに来てくれるかどうかには疑問を抱いているが、彼らのような若手選手に影響を与えるベテランが今のチェルシーには必要だと語る。チアゴ・シウバという大ベテランがチェルシーにはいるが、今夏の去就は不透明であり、退団であればより若手中心のチームになる。

若手が多いことは勢いに乗れれば大きな武器となるが、長いシーズンを戦う上で、百戦錬磨の選手がチームにいることはより重要になってくる。近年若手中心の補強を続けているチェルシーだが、今夏の補強はどのような動きを見せるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ