チェルシーはC・ロナウドを獲得すべきだった? マンU退団時に動くべきだったのか「チェルシーのミスだった」

現在ロナウドはサウジアラビアで活躍中 photo/Getty Images

クラブOBは獲得すべきだったとの見解

2022年11月、当時マンチェスター・ユナイテッドに所属していたFWクリスティアーノ・ロナウドは、マンUとの契約解除に踏み切った。

その後ロナウドはサウジアラビアのアル・ナスルと契約することになるのだが、当時は他にもロナウド獲得が噂されたクラブがいくつかあった。

英『The Sun』によると、元フランス代表のウィリアム・ギャラス氏は今でもロナウドの勝負強さを絶賛していて、古巣チェルシーに対してロナウドを獲得すべきだったと主張する。
チェルシーは昨夏にクリストファー・エンクンク、ニコラス・ジャクソンを獲得しているが、実績ではロナウドの方が圧倒的に上だ。マンUでは苦しんでいたが、チェルシーがロナウド獲得へ動くのも面白かったか。

「チェルシーはクリスティアーノ・ロナウドと契約しなかったという間違いを犯した。チェルシーは彼にとって良いクラブだっただろう。ロナウドがドレッシングルームでどれほど重要であるかは誰もが知っている。彼は勝利のメンタリティをもたらし、それがチェルシーに利益をもたらしたかもしれない。チェルシーのミスだったよ」

ロナウド獲得は劇薬ではあるが、今のチェルシーは全体的に若い構成だ。最前線にロナウドを配置し、ロナウド中心のチームを作るのも悪くなかったかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ