鎌田大地のラツィオ行きは失敗だったのか 「ラツィオのベンチで低迷」する鎌田に早くもドイツ復帰の話題も

セリエAに挑戦した鎌田だが…… photo/Getty Images

フランクフルトからのステップアップへ動いたが……

ドイツのフランクフルトでヨーロッパリーグを制するなど成功を収めてきた日本代表MF鎌田大地は、昨夏にステップアップへと動いた。新天地となったのはイタリア・セリエAのラツィオだが、現状上手くいっているとは言い難い。

シーズン序盤から指揮官マウリツィオ・サッリを納得させることができず、最近もベンチを温めるゲームが多い。ここまでリーグ戦18試合で1ゴール1アシストは満足できる成績ではない。

そんな鎌田には、早くもドイツ復帰の話題が出ている。行き先候補に挙がっているのは、同じ日本代表で活躍するDF板倉滉も所属するボルシアMGだ。
この話題に独『Frankfurter Rundschau』も反応していて、「彼はアイントラハト・フランクフルトで成長したが、現在はラツィオのベンチで低迷している。鎌田大地は近いうちにブンデスリーガに復帰するのだろうか?」と今夏の動きに注目している。

昨夏の鎌田にはアトレティコ・マドリードやミランなど、ラツィオの他にも様々なクラブが新天地候補に挙げられていた。しかしスムーズに決まったわけではなく、噂だけが先行しているところもあった。結局ラツィオ行きが決まったのは8月に入ってからだ。

今は出番も減少していて、チームもセリエAで9位と良い位置にいない。ラツィオ移籍が成功に繋がっているとは言えない状況で、慣れているブンデスリーガへの復帰も悪い選択肢ではないだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ