「シティが依然として優位」シアラーが語るプレミアリーグ大混戦の優勝争い

シティを率いるグアルディオラ監督 photo/Getty Images

3チームが2ポイント差のなかにひしめき合う混戦

ニューカッスルのレジェンドで元イングランド代表FWアラン・シアラー氏がプレミアリーグの優勝争いをする3チームについて語った。英『METRO』が伝えている。

プレミアリーグは第26節が終わり、全日程の約3分の2を消化した。現在、優勝争いをしているのは、1位リヴァプール、2位マンチェスター・シティ、3位アーセナルで、2ポイント差の中に3チームがひしめき合う大混戦だ。

そんななか、シアラー氏は「プレミアリーグのタイトル争いはシティが依然として優位にある」と語った。
カラバオカップを優勝し波に乗るリヴァプール、ここ数試合プレミアリーグで圧倒的な試合展開をしてきたアーセナルだが、シアラー氏は「シティの経験」がプレミアリーグの首位争いを決定づける要因になると考えているようだ。

「シティは例え試合で良いプレイができなかったとしても、自分たちが何者であり、何をしなければいけないか分かっていて、それを続ければ最終的にはうまくいくと知っている。シティは決してパニックを起こさない」

リヴァプールはクロップ監督が今季終了後に退任すること、アーセナルは昨シーズン終盤にリーグ戦のタイトル争いで失速した経験が、両クラブの選手達にプレッシャーを与えているのではないかと、シアラー氏は見解を述べた。

シアラー氏の予想通り、シティがプレミアリーグを制覇し史上初の4連覇を達成するのだろうか。それとも、リヴァプール、アーセナルがシティの4連覇を阻止するのだろうか、優勝争いから目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ