ヴラホビッチは「ハーランド」のようになれる ついに覚醒したエースをユーヴェOBも大絶賛

今月25日のフロジノーネ戦では2ゴールを記録したヴラホビッチ photo/Getty Images

直近のリーグ戦9試合で10ゴール

ついにユヴェントスで覚醒したセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチを、クラブでも代表でも大先輩にあたるダルコ・コバチェビッチ氏が大絶賛している。

2022年1月に大きな期待を背負ってユヴェントスへ加入した現在24歳のヴラホビッチ。フィオレンティーナ時代のようなゴール量産に期待されたが、新天地ではなかなかチームにフィットせず。昨季はリーグ戦27試合に出場しながらも、10ゴールにとどまっていた。

こういった状況もあってか、早くも移籍の話が浮上していたヴラホビッチだが、今季もユヴェントスに残留。チームの指揮官に復帰を果たしたマッシミリアーノ・アッレグリのもとで、加入3年目こそ飛躍を遂げることを誓った。
すると、今季はここまで23試合に出場して15ゴールを挙げる大活躍。特に昨年末から一気に調子を上げており、出場した直近のリーグ戦9試合で10ゴールを記録している。昨季まで鬱憤の晴らすかのような活躍を見せているのだ。

そんなヴラホビッチに関して、伊『Gazzetta dello Sport』のインタビューに応じたコバチェビッチ氏。後輩のここ最近の好調ぶりについて聞かれると「彼は今までも、そしてこれからも偉大なストライカーだ。ただ、自分にとって最高のフォームを見つける必要があっただけなんだ。彼の才能を疑ったことなんて一度もないよ。だって、我々は若いかもしれないが、完璧なセンターフォワードについて話しているんだからね」と答えていた。

さらに、コバチェビッチ氏は「これはほんの始まりに過ぎない。そうなることを願っているよ。ヴラホビッチは非常に強いし、今後数年間でユヴェントスのためにたくさんのゴールを決めるだろう」や「私はドゥシャンが世界最高のセンターフォワードの1人になれると確信している。そう、あのハーランドのようにね」とも述べ、後輩の今後のさらなる飛躍に期待していた。

はたして、ヴラホビッチはこの調整で世界を驚かせるようなストライカーへと成長することができるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ