「母国のためにプレイしているのだから言い訳はできない」 頼もしすぎる“アジア最高FW”ソン・フンミンのメンタル

韓国代表を引っ張るソン・フンミン photo/Getty Images

アジアカップで韓国が見せる驚異の粘り

アジアカップ2023でベスト4まで勝ち上がってきた韓国代表の戦いは、まさに『ギリギリの戦い』と表現するのがふさわしい。

ベスト16のサウジアラビア戦、ベスト8のオーストラリア戦ともに敗北の一歩手前まで追い詰められたが、後半アディショナルタイムに同点ゴールを決めて延長戦へ持ち込んでいる。綺麗な勝ち方ではないが、とにかく勝つことが最重要だ。

そのチームを引っ張るエースのFWソン・フンミンの言葉も頼もしい。現アジア最強のアタッカーと評価されるトッテナム所属のソン・フンミンは、何よりもメンタルが重要と説く。目指すのは、もちろん優勝だ。
「メンタリティの問題だと思う。母国のためにプレイしているのだから、言い訳はあってはならないんだ。明日以降、ここには4チームしか残っていない。そのうちトロフィーを手にできるのは1チームだけだ。僕たちはトロフィーを目指して戦うだけで、今は疲れを言い訳にするべきではない。疲れていようとも、言い訳はできない。トロフィーを取りに行き、それを持ち帰るだけだ」(『ESPN』より)。

ベスト8のオーストラリア戦ではソン・フンミンが後半アディショナルタイムにPKを獲得し、延長戦では直接フリーキックから決勝点を奪う大車輪の活躍だった。プレミアリーグで長く戦ってきたこともあり、ここぞの勝負強さや経験値はアジアの中でも群を抜く。結果をもぎ取るオーストラリア戦の姿勢はさすがと言うしかない。

ベスト4ではヨルダンとの対戦だが、韓国はあと2つ勝ってアジアの頂点に立てるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ