ほぼ8カ月実戦出ていない…… 人気銘柄トニーは果たして活躍できるのか、元英代表も疑問視「彼の最後の試合はいつだった?」

コミュニティ・スタジアムに姿を見せたトニー photo/Getty Images

5月から試合に出ていない

賭博規則違反により、出場停止中のブレントフォードFWイヴァン・トニー。しかし出場停止の期限は本年1月16日となっており、まもなく試合に出場することができるようになる。

昨季は33試合20ゴールを決め、その得点力を見せつけたトニー。現在、アーセナルやチェルシーがトニーの獲得を狙っているといわれ、ブレントフォードはトニーに1億ポンドほどの値札をつけているという。

しかし、アーセナルやチェルシーで起こっている得点力不足の問題を、すぐさまトニーが解決してくれるのだろうか。賭博違反で出場停止となった5月から7カ月以上、トニーは試合に出場していない。規則により、トニーは出場停止期間の最後の4カ月では、トレーニングしか許されていないという。
英『Daily Mail』では、元イングランド代表のクリス・サットン氏が、アーセナルについての対談のなかでトニーの獲得に疑問を呈している。

「イヴァン・トニーはアーセナルにプレミアリーグのタイトルを保証するものではない。もちろん、彼と契約できたとしてもね。彼はどれほど健康で、準備ができているというのでしょう」

「彼の最後の試合はいつだった? 半年か8カ月もプレイしていないような選手を引き入れて(ピッチに)放り出し、その選手が本当に活躍すると期待することはできない」

「これは子供のサッカーではない」とサットン氏は付け加えている。20ゴールを挙げたほどのストライカーでも、長いブランクのあとで同じ活躍ができるとは限らない。少なくとも、彼がアーセナルやチェルシーの短期的な得点力不足を解消してくれると考えるのは甘いのかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ