21歳で7度目のケガ 将来を嘱望された“天才”アンス・ファティの長期離脱にスペイン紙「最悪のシナリオ」

今季はブライトンでプレイするファティ photo/Getty Images

3カ月の長期離脱

ケガ人続出で難しいチーム事情になっているブライトン。1-1と引き分けたバーンリー戦の試合前、FWアンス・ファティが3カ月の離脱になることが、指揮官であるロベルト・デ・ゼルビ監督の口から告げられた。

ファティのケガはスペインでも取り上げられた。スペインメディア『MARCA』は「最悪のシナリオ」と報じている。

「バルセロナからブライトンにレンタル移籍しているストライカーは、3カ月の離脱を余儀なくされる。負傷したノッティンガム・フォレスト戦の後、イタリア人監督はすでにかなり長い離脱になると警告していた」
また同メディアは、21歳という年齢にもかかわらず、ファティのケガが多いことも嘆いている。

「短いキャリアで7度目の負傷だ。300日以上戦列を離れた最悪のケガは半月板損傷だった。2020年11月8日から2021年9月までプレイできなかった」

デ・ゼルビ監督は、これまで大きなケガに苦しんできたファティのリスクも考慮し、出場時間をある程度制限して慎重にプレイさせていた印象だった。ファティ自身に結果が出始めていただけに、この長期離脱はケガ人続出中のブライトンにとっても、そして何よりファティ本人にとっても悔しいものとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ