トロサールがアーセナルに足りていない “ジャカ”の役割を担う? ウルブズ戦で示した新たな可能性

ウルブズ戦で好パフォーマンスを見せたトロサール photo/Getty Images

守備面での活躍はウーデゴーにも影響か

プレミアリーグ第14節でウルブズを相手に2-1の勝利を飾ったアーセナル。

得点を決めたブカヨ・サカやマルティン・ウーデゴー、アシストを記録した冨安健洋やオレクサンドル・ジンチェンコの活躍も素晴らしかったが、レアンドロ・トロサールの活躍も忘れてはいけない。

この試合、ウーデゴーとデクラン・ライスと中盤の一角を担ったトロサール。2列目からの飛び出しや、狭いエリアでボールを受けて攻撃のリズムを作るプレイも素晴らしかったが、ライスが上がった時のカバーリングや、中盤での守備も光った。
『FootballTransfers』は、アーセナルに足りていないと言われている昨シーズンのグラニト・ジャカの役割をトロサールが担うことができるかもしれない、と報じている。

「普段はトリッキーなアタッカーであるトロサールは多くの汚い仕事をこなし、多くのアーセナルファンにグラニト・ジャカが昨シーズン、レヴァークーゼンに移籍する前に見せたタイプのプレイを思い出させた。トロサールは試合最多の10回ポゼッションを獲得したが、これはオレクサンドル・ジンチェンコを除く他のアーセナル選手の2倍である」

「他のどの選手よりも多くのシュートを放ったという事実は、彼が脅威でもあったことを物語っているが、称賛を浴びたのは彼の守備のパフォーマンスであり、ガナーズの問題解決に貢献した」

攻撃面でももちろん強さを見せたトロサールだが、この試合は守備でも輝いた。トロサールが守備に奔走することで、ウーデゴーがより攻撃に専念でき、アーセナルの司令塔はこの試合6本のキーパスと1ゴールをあげている。

ジャカの不在の影響は今シーズン、度々問題として浮上していたが、トロサールがIHで見せた可能性はこの問題を解決する切り札になるかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ