リヴァプールが王者マンCと争うには…… OBキャラガー氏は中盤とディフェンスの補強が必要だと語る

リヴァプールのOBキャラガー photo/Getty Images

第3節では劇的な逆転勝利

リヴァプールは今夏、MFアレクシス・マックアリスター、MFドミニク・ショボスライ、MF遠藤航が加入した。

開幕から3試合で、2勝1分のリヴァプールは勝利した2試合はいずれも1人少ない難しい状況だった。エースストライカーのダルウィン・ヌニェスの覚醒もリヴァプールにとっては嬉しいポイントであるが、クラブOBのジェイミー・キャラガー氏はこのままではマンチェスター・シティやアーセナルと優勝争いするには足りないと英『Sky Sports』にてコメントしている。

キャラガー氏は今夏に退団したジョーダン・ヘンダーソンやファビーニョなどの複数選手の穴埋めを行うにはまだ十分ではないと考えており、リヴァプールが再び優勝争いに参加するには少なくとも中盤の選手とディフェンスの選手を1人ずつ補強する必要があると述べている。
「リヴァプールはここ4、5年、マンチェスター・シティの最大のライバルだった。アーセナルは昨シーズン、トップレベルまで到達した。しかし、なぜリヴァプールは今季もあのチームになれないのだろうか?」

「リヴァプールが今抱えているチームはマンチェスター・シティに挑戦するには十分ではないと思う。しかし、彼らは今週、もう一人のディフェンダーと中盤の選手を連れてくるという点で頑張らなければならない」

「リヴァプールは依然としてマンチェスター・シティにとって最大のライバルであり続けるにはそうならなければならない。今シーズンはまずまずのスタートを切った」

リヴァプールのOBキャラガー氏は移籍期間の閉まる9月1日までに最善を尽くすべきだと語っている。

残された移籍期間でリヴァプールは新戦力の獲得に動くのか注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ