マンU退団が決まったグリーンウッド 気になる移籍先候補はローマ、ガラタサライあたりが有力か

BACK

1/1

NEXT

マンUの退団が決まったグリーンウッド photo/Getty Images

サウジアラビアのクラブも興味

強姦未遂などの容疑で検察に起訴され、昨年1月に逮捕されていたマンチェスター・ユナイテッドのメイソン・グリーンウッド。起訴は取り消されたが、マンUでの活動はできず、同選手のキャリアはストップしている状況であった。

今夏の去就が注目されていたがクラブや選手本人、そして関係者を含む話し合いの結果、マンUの退団が決まった。

退団が決まったグリーンウッドだが、英『THE Sun』によると、すでに複数チームが獲得に興味を示しているという。ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するローマ、トルコのガラタサライがヨーロッパのクラブでは獲得に興味を示しているようだ。
またサウジアラビアの複数クラブもグリーンウッドに興味を持っており、スティーブン・ジェラードが率いるアル・イテファクは年俸1000万ポンド(約19億円)の契約を検討していると伝えられている。

7歳からマンUのアカデミーで育ち、2019年にトップチームデビューを果たしたグリーンウッドは次世代のエースとして期待されていた。マンUでは129試合に出場し、35ゴール12アシストを記録している。21歳のグリーンウッドは、今夏どのクラブに移籍をするだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ