リヴァプール、ニューカッスル、PSG ユヴェントスのキエーザに多くのビッグクラブから注目が集まる

ビッグクラブが注目するキエーザ photo/Getty Images

注目が集まるイタリア代表ストライカー

ユヴェントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザは、今夏多くのビッグクラブが注目するストライカーの1人だ。

昨年の冬に前十字じん帯を損傷し、手術をしたため長期間の離脱をしていたストライカーは、昨シーズン21試合の出場で2ゴールに終わってしまった。

しかし、シーズン終盤は復調を見せ、イタリア代表として臨んだネーションズリーグの3位決定戦のオランダ戦では途中出場。決勝ゴールをマークした。
そんなキエーザは2025年までユヴェントスと契約が残っているが、伊『Gazzetta dello Sport』によると複数クラブが獲得に興味を示しているという。リヴァプール、ニューカッスル、PSG、バイエルンなど数々のビッグクラブが関心を示しているようだ。

同紙によると、クラブは同選手の売却に前向きではなく、6000万ユーロ(約94億円)以下では売却する気はないという。しかし、クラブは財政面での不安もあるため、オファーによっては、移籍の可能性もあると同紙は報じている。

怪我を乗り越え、再び輝きを取り戻しつつあるキエーザの今夏の動向に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ