アーセナル離れて5年で迎えた全盛期 2部で《26戦19ゴール》と爆発しているFWがいた

ミドルズブラでゴールを量産するアクポム photo/Getty Images

来季プレミアリーグで見たい逸材

完全移籍でアーセナルを離れてから5年。27歳を迎えたイングランド人FWが全盛期を迎えている。

現在イングランド2部で得点ランク首位を走るFWチュバ・アクポムだ。

アーセナルのアカデミーで技を磨いたアクポムは、U-21のカテゴリーでは50試合で33ゴールを記録するなど若い頃より注目されていた。トップチームでも僅かな期間だけプレイしたのだが、さすがにアーセナルの前線へ割って入るのは難しい。
レンタル移籍を繰り返した後、2018年にギリシャのPAOKへと完全移籍。そして2年後の2020年にミドルズブラの選手としてイングランドへ戻ってきたのだ。

ミドルズブラはイングランド2部での戦いを強いられているが、そこで今季のアクポムはリーグ戦26試合で19ゴールと大爆発。リーグ戦で二桁得点に乗せるのは今季が初のことで、27歳を迎えたアクポムは間違いなくキャリア最高の輝きを放っている。

チームも3位と昇格へ向けて悪くない位置につけており、アクポムにとってもチャンスだ。プレミアリーグでのプレイは、アーセナル時代の2015年まで遡る。それも27分間プレイしただけで、本人もプレミアリーグでのプレイを望んでいるはずだ。

もちろんミドルズブラに限定せずとも、今季終了後にプレミアのクラブがアクポム獲りへ動く可能性もあるかもしれない。いずれにしてもプレミアリーグで腕試しをしてほしいアタッカーで、このまま2部で得点王獲得からプレミア再挑戦が理想の流れとなる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ