横浜FMの樺山諒乃介が鳥栖へ完全移籍 過去2年は夏から山形で経験を積む

樺山が鳥栖へ移籍する photo/Getty Images

今季はJ1参入プレイオフも経験

サガン鳥栖は横浜F・マリノスの樺山諒乃介を完全移籍で獲得したことを発表した。今季は山形で存在感を発揮したアタッカーは、鳥栖でどのような活躍を見せるだろうか。

興国高校から昨季、横浜FMへと加入した樺山。開幕戦となった川崎フロンターレ戦では高卒新人として長谷川アーリアジャスール以来となるクラブ14年ぶりにスタメンを飾った。公式戦13試合3ゴールを決めると、夏にはモンテディオ山形へ期限付き移籍を果たす。

山形でもJ2で16試合2ゴールを記録して今季横浜FMへと復帰した。しかし公式戦で9試合の出場にとどまると、夏に再び山形へレンタル。今季はJ2で15試合2得点を決めると、クラブはJ1参入プレイオフへと進出した。
積極的なドリブルを武器に仕掛けていく姿勢を山形でも貫き、それが評価されたことだろう。鳥栖への移籍を決めている。味方を生かす効果的なパスを供給することもでき、鳥栖のスタイルにマッチしながら自身の持ち味を見せていきたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ