ヘイ、ジュード! イングランドの逸材MFベリンガムが代表史上2番目の若さでW杯弾をゲット

ゴールラッシュの口火を切ったベリンガムの先制弾 photo/Getty Images

中盤のポジションでフル出場を果たしたベリンガム

欧州の各ビッグクラブから熱視線を浴びているドルトムントの19歳MFジュード・ベリンガムが、W杯デビュー戦でいきなりゴールをゲットした。
 
イングランド代表のカタールW杯初戦となった21日のイラン戦で、先発出場を果たしたベリンガム。35分に左サイドバックのDFルーク・ショーがクロスをあげると、ボックス内で構えていたベリンガムがヘディングでこれを合わせ、チームに先制ゴールをもたらした。
 
英『BBC』はこのベリンガムのゴールに対し、「ヘイ、ジュード!」とSNSで発信。「イングランド代表での初ゴールを最大の舞台で記録した」と彼のゴールを称えた。
 
また、イングランド代表のW杯最年少得点者は、1998年のフランスW杯にて18歳190日の若さでゴールを決めたマイケル・オーウェン氏となっているが、今回ゴールを決めたベリンガムがそれに次ぐ若さ(19歳145日)であることも、同メディアは伝えている。
 
この試合のベリンガムは先制ゴール以外の場面でも随所に存在感を発揮し、3ゴール目や6ゴール目の起点にもなった。所属するドルトムントではここまで公式戦22試合の出場で9ゴール3アシストを記録しており、ゴール意識の向上が今回の先制点に繋がったとも言える。今大会では、得点に絡むベリンガムの活躍に期待できそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ