FC大阪の来季J3入会が決定! 奈良に続く入会で来季は20チームでのリーグ構成に

来季は2クラブがJ3へと入会する(写真はイメージ) photo/Getty Images

J3入会条件をクリア

Jリーグは20日、FC大阪が来季J3へと入会することを発表した。すでに奈良クラブのJ3入会が決定しており、来季は今季18チームにプラス2チームを加えた20チームで戦うこととなる。

FC大阪はJFL第30節でMIOびわこ滋賀と対戦。J3入会へ観客動員数も必要となる中でのホームで迎えた最終戦では、前半に1点をリードされる展開となる。それでも81分に宇高魁人が同点ゴールを決めて1-1のドローで終了した。首位の奈良クラブもソニー仙台と引き分けたため、2位でシーズンを終えることになる。

試合前にはJ3への入会審査としてリーグ戦での最終順位が4位以上であり、百年構想クラブのうち上位2クラブに入ることをクリアしていたFC大阪。あとは1シーズン平均入場者数の「2000人」達成が必要であったが、今試合で12000人を超える観客動員数を集めて条件をクリア。見事J3へと入会することが決まった。
今節でJFL優勝を決めた奈良クラブとともに来季は近畿から2クラブがJ3へと入会する。これでJ3は20チームとなり、Jリーグが理想としていた上限の60クラブに到達した。今後、J3とのJFLの入れ替えなど、さまざまな構想が出てくるだろう。日本サッカーの転換期となるはずだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ