ピケ引退でバルセロナは約73億円の節約に成功? B・シウバ獲得の動きが加速。シティは新契約提示で引き留め

フラム戦では運動量豊富にチームを支えたベルナルド・シウバ photo/Getty images

冬も夏同様にポルトガル代表MFの去就が話題の中心となりそうだ

直近のフラム戦では2-1と勝利したマンチェスター・シティだが、自らのミスで試合を難しくしてしまった。

前半先制するも、ジョアン・カンセロのボックス内での不用意なタックルで相手選手を倒してしまい主審はカンセロにレッドカードを提示。フラムは得たPKを確実に沈め、シティは残りの約65分間を人数不利で戦うことに。

それでもシティは後半アディショナルタイムに獲得したPKを決めて2-1と勝ち点3を獲得している。
勝つことができたのはピッチに残された選手それぞれの質が高かったからだ。最終ラインにはセンターバックとサイドバックをこなせるユーティリティプレイヤーが多く、ネイサン・アケはフラム戦でその2つのポジションをこなしていた。

中盤ではベルナルド・シウバとロドリの貢献が光った。両者ともに中盤と最終ライン、2つのポジションをカバーしており、ビルドアップが停滞することはなかった。とくにB・シウバは後半右サイドにも積極的に顔を出しており、2人分、もしくは3人分のタスクをこなしている。

シティはこのB・シウバを今後失うことになるかもしれない。英『Manchester Evening News』によると、バルセロナはポルトガル代表MFの獲得を諦めておらず、冬の移籍市場でアプローチを仕掛ける準備があるようだ。ジェラール・ピケが先日引退を発表したことで、4400万ポンド(日本円にして約73億円)を節約することになり、同メディアはこの出来事がバルセロナのB・シウバ獲得を加速させることになるかもしれないと危惧している。

B・シウバの意思次第だが、シティは条件をアップした新契約を準備しているようだ。フラム戦で再確認することになったが、B・シウバは替えの効かない存在であり、念願のビッグイヤー獲得のためには必要な人材である。バルセロナはピケの引退で資金を作ることができたようだが、冬の移籍市場で動いてくるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ