カンテらチェルシーの負傷者たちが続々復帰 クリスタル・パレス戦ではポッター監督のベストメンバーが見られるか

クリスタル・パレス戦でピッチに立つことができるか photo/Getty Images

カンテがいるかいないかでチームは大きく変わる

ここまでの公式戦8試合ですでに3敗を記録するなど、今季序盤はあまり調子の良くないチェルシー。チームの大黒柱であるMFエンゴロ・カンテの不在が要因の一つであったことは間違いないが、次節クリスタル・パレス戦で復帰する可能性がありそうだ。
 
プレミアリーグ第3節リーズ・ユナイテッド戦で3-0の完敗を喫し、第5節サウサンプトン戦は2-1の逆転負け。チャンピオンズリーグのディナモ・ザグレブ戦も1-0で落とすなど、格下相手に勝ち点3を献上してしまうこともあったチェルシー。
 
ディナモ・ザグレブ戦の後には、クラブにチャンピオンズリーグのタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督を解任し、ブライトンを率いていたグレアム・ポッター監督を新指揮官に任命。しかし、ポッター監督の初陣となったCLレッドブル・ザルツブルク戦も1-1のドローと、再スタートは幸先の良くないものとなっている。
 
いずれの試合も欠けていたのはカンテの存在であり、彼は第2節トッテナム戦でハムストリングを負傷以来、全ての試合を欠場。MFマテオ・コバチッチ、MFジョルジーニョ、MFコナー・ギャラガー、MFルベン・ロフタス・チークなどがその穴を埋めようと奮闘したが、結果は伴っていない。
 
しかし英『Daily Mail』によれば、1日に行われるクリスタル・パレス戦に向け、カンテがチェルシーの練習に復帰している模様。さらに、膝の故障で離脱していたGKエドゥアール・メンディもトレーニングに参加している姿が目撃されたようで、2人の離脱者がチームに復帰している。
 
そして、アメリカ代表の練習中に負傷し、日本代表戦を欠場していたFWクリスティアン・プリシッチも順調に回復。彼は28日に行われたサウジアラビア戦で先発出場を果たしている。
 
次節のクリスタル・パレス戦はポッター監督にとってチェルシーでの2試合目ということになるが、ここでカンテを起用できるとなれば心強く、メンディとプリシッチの復帰も彼の戦術の幅を広げることになる。選手たちのコンディション次第ではあるが、このクリスタル・パレス戦はポッター監督の考えるベストメンバーが見られる試合となるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ