司令塔エリクセンを操るデンマーク代表が強すぎる W杯で同国最高のベスト8超えも視野に

デンマーク代表の中盤を操るエリクセン photo/Getty Images

デンマーク史上最高級の強さ

25日にネーションズリーグでフランス代表と対戦し、見事に2-0で撃破したデンマーク代表。EURO2020でもベスト4に入るなどチームとして完成しているのは確かで、ワールドカップ・カタール大会でも上を目指せるだろう。

中でも注目はMFクリスティアン・エリクセンだ。昨夏のEURO2020でエリクセンは心停止により倒れるアクシデントがあり、一時は生命の危機にあった。しかしエリクセンはリハビリを重ね、ピッチへと戻ってきてくれた。現在はマンチェスター・ユナイテッドでも主力を務めており、そのゲームメイク力は圧巻だ。

今回のフランス戦でもエリクセンは司令塔としてチームをコントロールしたが、デンマークMF陣の中でも一段レベルが違う印象がある。フランスのプレスをいとも簡単にかわし、左右両足でワイドにボールを散らしてくれる。それが攻撃的な左WBヨアキム・メーレやEURO2020でブレイクしたMFミッケル・ダムスゴーら元気の良いアタッカーの能力を引き出しており、エリクセンが入ることでデンマークの攻撃はクオリティが上がる。
このゲームをベンチで見ていたフランス代表DFラファエル・ヴァランはマンUのチームメイトだ。英『Daily Mail』によると、ヴァランはエリクセンについて「彼はすぐチームに溶け込んだし、多くのクオリティを備えている。再び彼をこのレベルで見ることが出来てとても嬉しいよ。彼は経験をもたらす」とクラブのチームメイトを絶賛していた。

ワールドカップでも目指すは同国最高成績となっているベスト8超えだ。今回のフランス戦が示すように、今のデンマークは世界トップレベルのチームとも戦える。デンマーク史上最高に近い世代と言っても大袈裟ではないはずで、本大会でも強豪を潰すかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ