「何かが欠けていた」元リヴァプールDFが批判 ソシエダ戦でノーゴールに終わったC・ロナウド

ゴールが決められなかったC・ロナウド photo/Getty Images

先発出場するも

マンチェスター・ユナイテッドはUEFAヨーロッパリーグの初戦でレアル・ソシエダと対戦し、0-1と敗れている。プレミアリーグ第2節のブレントフォード戦以来の先発出場となったクリスティアーノ・ロナウドは、ゴールを決めることができなかった。

最後までC・ロナウドに歓喜の瞬間は訪れなかった。14分には相手の裏に抜け出したC・ロナウドがGKと1対1になれるシチュエーションも戻ったDFにボールをカットされ、シュートを打てず。35分にはヘディングでゴールネットを揺らすものの、オフサイド判定で認められなかった。

C・ロナウドのパフォーマンスについてリヴァプールなどでプレイしたスティーブ・ニコル氏が米『ESPN』で「37歳のプレイだった」と表現。「そんなことが頭に浮かんだよ。彼にはいくつかチャンスがあったが、チャンスの数ほど彼のパフォーマンスはよくなかった」とC・ロナウドのプレイを振り返った。
「(C・ロナウドには)何かが欠けていた」と語ったニコル氏。5度のバロンドールを獲得し、昨季もプレミアリーグで結果を出していたC・ロナウドだが、今季の出場機会の減少による年齢の影響は少なくなく、それがソシエダ戦のピッチでも表現されてしまったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ