筋力強化しすぎるとスピードは落ちるのか 今をときめく逸材ムシアラが考える上半身強化

バイエルンで活躍するムシアラ photo/Getty Images

過度な筋力強化には否定的

近年はトレーニング理論も進化しており、短期間でフィジカルモンスターへと変化する者が出てくる。

バイエルンではドイツ代表MFレオン・ゴレツカもフィジカルモンスター化した選手だ。数年前はスラリと背の高い選手との印象だったが、筋力トレーニングで上半身が巨大化。その変化は大きな話題を呼んだ。

今夏に退団したが、バイエルンではFWロベルト・レヴァンドフスキも屈強な肉体を持っていたストライカーだった。あのような肉体を身につけるべきかどうか、サッカー選手の間でも議論は分かれるだろう。

パワーも現代サッカーに欠かせない要素の1つと言えるが、今バイエルンでブレイク中の19歳MFジャマール・ムシアラは体を大きくしすぎるトレーニング法は取り入れるつもりがないと語る。

「僕は上半身を多量に強化する必要はないと考えている。それで遅くなるかもしれないし、僕はスピードや俊敏性をキープしたいんだ」(『ブンデスリーガ公式』より)。

筋肉をつけすぎると重くなってスピードが落ちるとの意見もあり、現時点でのムシアラはパワーよりスピードを重要視しているようだ。180cmのムシアラは細身なタイプではあるが、そちらの方が自身の持ち味を活かしやすいということか。

最近は筋骨隆々なプレイヤーも珍しくなくなっているが、上半身の肉体強化はどの程度必要なのか。完璧な正解はなく、選手の間でも取り組み方には変化があるようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ