マンU、チェルシー、エヴァートンが狙う大型FWの去就決定はまもなく? シュツットガルト残留の道も

ライプツィヒ戦に先発出場したカライジッチ photo/Getty Images

CF不足に悩まされるプレミア各クラブ

プレミアリーグのクラブから関心が寄せられているシュツットガルトのオーストリア代表FWサーシャ・カライジッチ。RBライプツィヒとのブンデスリーガ開幕戦を1-1で引き分けた後、自らの去就について言及した。

シュツットガルトとの契約が残り1年となっているカライジッチ。昨季は負傷の影響もあり、リーグ戦15試合6ゴールに終わったものの、ブンデスリーガ初挑戦となった2020-21シーズンは、33試合16ゴールという好成績を残している。

200cmの長身という分かりやすい特長があるこのストライカーには、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、エヴァートンといったクラブが関心を示している。

マンUはCFがFWクリスティアーノ・ロナウドとFWアントニー・マルシャルのみとなっており、チェルシーはFWロメル・ルカクが退団。エヴァートンもFWドミニク・カルバート・ルーウィンが負傷によって開幕戦を欠場している。

いずれもストライカーの層の薄さに不安を抱えているチームであり、カライジッチを獲得できれば、攻撃の選択肢が増えることは間違いない。

独『Kicker』によれば、ライプツィヒ戦後に試合内容を振り返ったカライジッチは、移籍の噂についても触れており、このようなコメントを残している。

「自分の将来がどうなるかはまだ僕にもわからないが、数週間後、あるいはもう少し早くに明らかになるだろう。僕が関与できないこともたくさんある」

英『Daily Mail』によれば、シュツットガルトは、カライジッチが移籍市場閉幕後もクラブに留まっていた場合、彼との契約延長を望んでいるという。この長身ストライカーを獲得するなら今夏がチャンスとなりそうだが、移籍を成立させるクラブは現れるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ