昨季の“リーグ戦3ゴール”は緊急事態 W杯イヤーに仏のエース・グリーズマンは蘇るか

昨季はアトレティコに戻っても結果出なかったグリーズマン photo/Getty Images

このままの低空飛行では厳しい

W杯イヤーに完全復活できるだろうか。連覇を狙うフランス代表にて気になる存在の1人がFWアントワーヌ・グリーズマンだ。

4年前はフランス代表の絶対的エースだったのだが、歯車が狂い始めたのは2019年にアトレティコ・マドリードからバルセロナへ移籍したところからだ。

リーガ・エスパニョーラを代表するアタッカーの1人だったグリーズマンはバルセロナでも活躍するかと思われたが、想定していたほどの結果は得られなかった。

昨夏にはアトレティコにレンタルで復帰したが、昨季もリーグ戦ではまさかの3ゴールのみで終わってしまった。レアル・ソシエダ時代の2012-13シーズンからアトレティコ時代の2018-19シーズンまでは継続してリーグ戦二桁得点を記録していたのだが、バルセロナへ移籍した2019-20シーズンは9ゴール、そして昨季は3ゴールと何かが噛み合っていない。

スペイン『MARCA』は今季もアトレティコでプレイを続けることになると見ているが、フランス代表にとってグリーズマンの復活は欠かせない。それはルイス・スアレスを手放したアトレティコも同じだ。

フランス代表ではMFポール・ポグバが膝に問題を抱えており、ワールドカップに間に合うかはまだ分からない。グリーズマンまで調子を落としたままとなれば連覇へ大問題だが、4年前のエースはもう一度ギアを上げられるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ