そのスピードにアザールも“最も厄介”と認める 速すぎるK・ウォーカーは最高の右SBだ

イングランド代表でも主力のウォーカー photo/Getty Images

スピードは何よりの武器となる


現在のイングランドはサイドバック大国だ。特に右サイドは激戦区で、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、チェルシーのリース・ジェイムズ、マンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、ニューカッスルのキーラン・トリッピアー、やや評価は落としたがマンチェスター・ユナイテッドのアーロン・ワン・ビサカも優秀なサイドバックだ。

今年のワールドカップで誰をサイドバックの1番手に据えるか悩ましいが、守備の対人戦を重視するなら答えは決まっている。圧倒的なスピードを誇るウォーカーだ。

特にワールドカップのような短期決戦では守備が重要で、サイドバックには攻撃より守備の能力も求めたくなる。ウォーカーは守備面においてはイングランドNo.1サイドバックと言っていい。

その厄介さは対戦相手も認めている。以前チェルシーの選手としてプレミアリーグで顔を合わせていた現レアル・マドリードFWエデン・アザールもウォーカーが最も苦手な相手だったと語る。

「彼は強くて速い。僕も強さ、スピードはあるけど、彼は僕よりもっと強くて速い。右サイドバックとして今も世界最高の1人だよ」(米『ESPN』より)。

ウォーカーは3バックの一角に入ることもでき、代表監督ガレス・サウスゲイトにとって最も信頼できる守備職人の1人だろう。運動量も抜群で、その身体能力はアーノルドらを圧倒する魅力を秘めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ