左SBに早速ジンチェンコを起用したアルテタ監督 安定感が増したアーセナルのディフェンスライン

左SBのレギュラーとなるのか photo/Getty Images

チェルシー戦で先発起用されたジンチェンコ

先日アーセナルへの移籍が正式に発表された25歳のDFオレクサンドル・ジンチェンコ。アメリカ・フロリダ州で行われたチェルシーとの一戦で、早速スタメン出場を果たしている。

2017年から5シーズンに渡ってマンチェスター・シティで活躍してきたジンチェンコ。アーセナルには、3000万ポンド+ボーナス最大200万ポンド(49億円+ボーナス最大3億円)の移籍金で加入したことが報じられている。昨季はリーグ戦やチャンピオンズリーグ、国内カップ戦など計28試合に出場した。

今回の試合では、アーセナルもチェルシーもベストメンバーに近い布陣を揃え、ジンチェンコは左SBで起用された。アーセナルのディフェンスラインは右からDFベン・ホワイト、DFウィリアム・サリバ、DFガブリエウ・マガリャンイス、ジンチェンコという並びになり、実績のあるメンツが顔を揃えた。

チームに合流したばかりということもあってか、ジンチェンコは前半45分でお役御免となり、後半からはDFヌーノ・タヴァレスが左SBで出場。今回はタヴァレスもそれほどパフォーマンスが悪かったわけではないが、やはり彼と比べると、ジンチェンコは戦況や攻守のバランスを見極めることができる選手であり、ここぞという場面で前線に顔を出していた。

昨季は左SBのレギュラーをDFキーラン・ティアニーが務めたが、今季はジンチェンコとティアニーがハイレベルなポジション争いを繰り広げるはず。サリバのローンバックとジンチェンコの加入で、アーセナルのディフェンス陣は一気にクオリティが上がった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ