マンUとマンCの“ナンバー7”が2トップを形成する? 大型補強進めるチェルシーが両マンチェスターからFWダブル獲りか

C・ロナウドのチェルシー入りはあるか photo/Getty Images

マンU退団を要求しているC・ロナウド

今季はすでにアントニオ・リュディガーやアンドレアス・クリステンセンなど守備の主力がチームを離れたチェルシー。さらにロメル・ルカクがインテルへレンタル移籍するなど、入れ替わりの激しい夏の移籍市場となっている。

そんなチェルシーは補強面でも活発に動いており、英『Mirror』など各紙でマンチェスター・シティのラヒーム・スターリングを狙っていると報道。圧倒的なスピードを誇り、シティで数々のタイトルを獲得したFWがチェルシーへと移籍するかもしれない。

さらにチェルシーはマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドにも関心を示しているようだ。同紙ではクラブへ退団することを要求したとされるクリスティアーノ・ロナウドに対してもチェルシーが獲得の動きを見せており、今夏の目玉の移籍となるのではないかと報道。『Mirror』のコラムニストを務め、現役時代はリヴァプールなどでプレイしたスタン・コモリア氏も同紙にて両FWのコンビにも期待のコメントを残している。

「チェルシーにとってC・ロナウドは完璧にフィットするだろうし、彼のゴールとスターリングのアシストが、ブルースをシティとリヴァプールにかなり近づけることとなる」

昨季は両マンチェスターで7番を付けていたFWが、チェルシーでコンビを組むことになるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ