中盤の新戦力に、“吉田麻也の後継者”と呼ばれる存在まで ブラジルメディアが称賛するスイスで躍動した2人のサムライ

21-22シーズンは素晴らしい活躍となった川辺駿 photo/Getty images

飛躍のシーズンとなった

上田綺世や小川航基らに海外移籍の可能性が報じられるなど、今夏にも多くの日本人選手が海外に挑戦することになりそうだ。

ブラジルメディア『globo』では21-22シーズンに海外でプレイした日本人選手のパフォーマンスを独自に採点している。そこで高く評価されているのがスイスのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒに所属するMF川辺駿とDF瀬古歩夢の2人である。

サンフレッチェ広島から昨年の夏にスイス行きを決めた川辺。移籍後すぐにチームから信頼を得ており、ダブルボランチの一角として36試合に出場。7ゴール4アシストの数字を残している。ブラジルメディアでは攻守両面で輝く中盤戦士として評価されており、評価は最も高い。22-23シーズン終了後には保有元であるプレミアリーグのウルブズに戻ることになっており、プレミアで戦う日本人が増えることになる。

瀬古はセレッソ大阪から昨季の冬の移籍市場でスイスへ飛んだ。川辺同様にチームへのフィットは早く、3バックの左として12試合に出場している。彼も評価は高く、フィジカル、守備、空中戦の強さを高く評価されており、日本代表で吉田麻也の後継者になれる存在だと太鼓判を押されている。

スイスで活躍する2人だが、ワールドカップ・カタール大会行きは難しいだろう。瀬古は呼ばれておらず、川辺はアジア予選で選ばれたがそれ以降は音沙汰なしだ。

現在はメンバーが固定されているため難しいが、カタール大会後であれば招集の可能性は十分にある。川辺は中盤で、瀬古は最終ラインでポジション争いに参加することができ、瀬古はブラジルメディアが言うように吉田の後釜になれる選手である。

21-22シーズンはスイスでの知名度を高めた川辺と瀬古。川辺はすでにウルブズへのステップアップを果たしており、瀬古も続けるように期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ