バルサで輝いたオランダ代表両選手が退団へ? クーマン時代の主力は放出を考慮か

デパイとF・デ・ヨングの来季はどこへ photo/Getty Images

デパイも放出候補へ

今季はロナルド・クーマン前監督からシャビ・エルナンデス監督へと変更して低迷を脱却したバルセロナ。それによってクーマン体制で重宝されていた選手も、今夏移籍の可能性が浮上してきているのだ。

その1人がフレンキー・デ・ヨングである。エリック・テン・ハーグ監督が来季から指揮を執るマンチェスター・ユナイテッドで、彼を中枢に据えたい赤い悪魔が獲得に迫っている。スペイン各紙ではすでにF・デ・ヨングがユナイテッドへ行く準備ができていると報じられているものの、正式な決定は出ていない。アヤックスで飛躍し、バルセロナへと加入した同選手だが、恩師の待つプレミアリーグへと挑戦するのだろうか。

また放出が噂されているもう1人のプレイヤーがメンフィス・デパイだ。昨夏リヨンからバルサへと加入し、クーマン体制での中心人物として期待されたデパイだが、シャビ監督就任後はケガの影響もあって出場機会を減らしてしまう。それでも途中出場からチームの勝利を決定づけるゴールを奪うなど、結果を残していただけに残留は既定路線かと思われた。

ただ英『Mirror』ではデパイの代理人とバルサは来季に向けた話し合いを行っており、クラブ側は売却の意思があることを伝えている。財政難のクラブにおいて移籍金の捻出が必要となるため、デパイは放出候補の1人にならざるを得ないだろう。

バルサで輝きを放っていたオランダの両雄は、シャビ改革によってまもなくクラブを離れることとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ