“冨安不在”が気にならなかった6月の4連戦 大きな穴を完璧に埋めた板倉滉は吉田を越えた?

日本代表で価値を示した板倉滉 photo/Getty images

頼れる守備者となっている

ワールドカップ・カタール大会前に用意された大事な4連戦を消化した日本代表。チーム全体で大きな課題が見つかっており、とくにチュニジア戦での失敗は本大会ではできない。3失点した守備陣もそうだが、攻撃陣は枠内シュートがゼロでは勝てない。

このようなネガティブな意見も多いが、ポジティブな要素も多かったといえる。それは板倉滉のパフォーマンスだ。アジア最終予選から起用される機会が増えたDFで、この4試合では2試合でスタメンとしてピッチに立ち、残りの2試合でも途中から起用されている。センターバック、中盤をこなせるユーティリティ性を持っており、本大会でも重宝されることになるだろう。

板倉は守備で相手の攻撃を跳ね返し、ビルドアップで攻撃の前進をサポートできる現代的なセンターバックだ。とくに魅力なのはビルドアップでの貢献度の高さであり、チュニジア戦で何度か個で相手のプレッシャーをかわし、攻撃を活性化させている。日本はアンカーの遠藤航が潰されることになればビルドアップで窮屈になることがあり、チュニジア戦でも同様の問題を抱えていたが、板倉は個の能力で解決できるだけの能力の高さを持っている。

冨安健洋が戦線に復帰すれば中盤の起用をより長い時間試してほしい。この4連戦ではパラグアイ戦の後半のみであり、フルタイムでどこまで機能するのかを確認する必要がある。すぐにフィットすれば1人で2役こなせる代表でも中心人物になるはずだ。

最終ラインでは盤石な地位を手にした板倉。現状は板倉と吉田麻也のコンビがファーストチョイスになっているが、冨安が戻って来れば吉田が居場所を奪われる可能性もある。それほどに板倉のパフォーマンスはよく、9月の代表戦に森保一監督は誰をセンターバックとして起用するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ