来季の右SBはアスピリクエタか現有戦力か バルサ退団が決定したD・アウベスの後釜は

アウベスの後釜となる存在は誰になるか photo/Getty Images

自身のインスタグラムにて退団を発表した

バルセロナのダニエウ・アウベスは15日、自身のSNSにて今シーズン限りでクラブを退団することを発表した。昨年9月にサンパウロを退団し、11月からバルセロナに加入したアウベス。シャビ・エルナンデス監督率いるクラブで若手主体のチームをピッチからけん引する役割を担い、公式戦15試合1得点3アシストを記録した。

今季のバルサにて右サイドバックで先発だったアウベス。主力として活躍していた彼の退団によって、サイドバックのポジションは誰が務めることとなるだろうか。若手にもチャンスがある状況だが、一番に考えられるのは他クラブからの補強だろう。

すでにバルサはDFの複数選手に獲得の関心を示しており、右サイドバックであればチェルシーのセサル・アスピリクエタが候補に挙がっている。英各紙がバルサの関心を報じており、アスピリクエタも移籍か残留か去就に揺れている状況だ。彼を獲得できれば、バルサはさらなる強化につなげていけるだろう。

当然現有戦力の奮起にも期待が寄せられる。今季は右サイドバックにセルジーニョ・デストやオスカル・ミンゲサなどが務めており、ケガで離脱を繰り返したセルジ・ロベルトとも2023年まで契約を延長。万が一右サイドバックの補強に失敗した場合、彼らが戦力として活躍することが大いに期待される。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ