新エース獲得後は若きSBにも動く? スコットランドで頭角を現す18歳に関心示すリヴァプール

ラムジーのリヴァプール移籍はあるのか photo/Getty Images

ラムジーの獲得を狙うリヴァプール

今夏フラムからファビオ・カルバーリョを獲得したリヴァプールは、ダルウィン・ヌニェスもすでにベンフィカと合意に至っており、じきにリヴァプールからも発表があるだろう。

昨夏に比べ積極的な動きを見せる同クラブは、若き右サイドバックも獲得を目指しているようだ。スコティッシュ・プレミアシップのアバディーンFCで台頭するカルヴァン・ラムジーである。

英各メディアがダルウィン・ヌニェスの獲得後、リヴァプールはアバディーンに所属する18歳の右サイドバックの獲得にも動くだろうと報道。現在チームで右サイドバックを務めるプレイヤーは、トレント・アレクサンダー・アーノルドとジェイムズ・ミルナー、そして昨季までフラムに期限付き移籍していたネコ・ウィリアムズの3人のみ。そのため新たな得点源を確保したら、すぐに次世代の右サイドバック候補の獲得に動くようだ。

またネコ・ウィリアムズは1月に加入したフラムで主力として躍動し、昨季はチャンピオンシップ14試合2得点2アシストで優勝に貢献。英『Mirror』では、プレミアリーグ挑戦となる来季に向け、フラムは獲得を目指しておりリヴァプールも売却する意思があると報道。N・ウィリアムズ放出となることも踏まえ、ラムジー獲得を目論んでいるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ