バイエルンが“3度目の正直”でマネ獲得か 過去2度は希望額以下でリヴァプールが拒否

マネの来季やいかに photo/Getty Images

リヴァプールは4300万ポンドを望む

リヴァプールは来季の新戦力として、ベンフィカのダルウィン・ヌニェスの獲得が間近に迫っている。フロントスリーの一角として大きな期待を寄せられる大型アタッカーはチームの攻撃力をさらに上げることとなるだろう。

そんな中、放出の候補となっているのがサディオ・マネだ。地元紙『Liverpool Echo』ではすでにクラブ退団の意思を伝えていると報じられており、バイエルンへの移籍が濃厚となっている。D・ヌニェス獲得もマネの放出の可能性があるからともいえるだろう。

しかし、ここまでクラブ間での交渉は上手くいっているとは言えない。イギリスの複数メディアによれば、初回は2500万ポンドでオファーするもリヴァプールの希望額(4300万ポンド)を下回っており拒否。3000万ポンドで2度目のオファーを提出するものの、これも拒否されている。バイエルンとしては希望額よりも低い額での獲得を目指しているようだ。

ただ移籍市場のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、バイエルンは3度目のオファーを準備している様子。ユリアン・ナーゲルスマン監督もトップターゲットであるマネを求めていると伝えている。2度のオファーともリヴァプールの希望額とは差があったバイエルンだが、3度目の正直で交渉は成立するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ