日本代表で代役から“主役”となる板倉滉 ブラジルに強さで対抗した森保ジャパンの壁

何度もネイマールとマッチアップした板倉 photo/Getty Images

吉田とコンビを組んだ

日本代表はキリンチャレンジカップ2022でブラジル代表と対戦し、ネイマールのPKで0-1と敗戦する。冨安健洋をケガで欠く日本代表は、キャプテンの吉田麻也の相棒に板倉滉が先発。自らの守備で強力なブラジル攻撃陣を無失点に抑えた。

パラグアイ戦でアンカーも経験した板倉は、ブラジル戦で最終ラインの壁として守備の中心となっていた。20分にはロングフィードに抜け出したネイマールのシュートを身を挺してブロック。ブラジルの4枚の攻撃陣に対してフィジカルで封じ、危険な場面に何度も顔を出した。

板倉はFIFAワールドカップのアジア予選では4試合の出場にとどまっている。それでもこの1、2年で大きな成長を重ね、日本代表でも存在感を発揮。当初は冨安と吉田の代わりとして期待されていた立場から、徐々に日本代表の主力として守備を任されるポジションへと変化している。

彼が守備のリーダーとなることができれば、冨安を右サイドバックで起用できるなど戦術の幅が広がっていく。パラグアイ戦で高いパフォーマンスを見せた伊藤洋輝や谷口彰悟など、センターバックの選手は充実しており、激しいポジション争いは今後も激化していくことだろう。そういった中でもオランダやドイツで培ってきた経験を日本代表に還元することができれば、板倉がカタールのピッチで最終ラインをけん引することになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ