ブラジル戦で見えた日本の新たなユニット 中盤の新たな選択肢となる原口元気

ドリブルでの推進力も見せた photo/Getty Images

ハーフタイムでの交代となったが

日本代表はキリンチャレンジカップ2022でブラジル代表と対戦。FIFAランキング1位のブラジルに善戦するものの、ネイマールにPKを決められて0-1と敗戦した。原口元気は45分間の起用だったが、伊東純也といいコンビネーションを見せて攻撃に絡んだ。

守田英正が離脱中の日本代表は、[4-1-2-3]の右インサイドハーフに原口元気を起用。武器である積極的なドリブルと、ブラジル相手にも強度高いプレッシングで攻守に存在感を見せる。

また攻撃時には、右ウイングに入った伊東純也との好連携で崩しにかかった原口。カゼミーロとフレッジの2ボランチで中盤を厚くするブラジルに対し、スペースでボールを受けて前を向くだけでなく、伊東のスピードを活かしたパスを供給するなど相性の良さを発揮する。原口・伊東の新たな右のユニットは、森保ジャパンでさらなる進化を期待させた。

世界屈指のブラジルには、彼らを上回る守備対応で得点を奪うまでには至らなかった。それでも、打開策の1つとなり得た原口と伊東の攻撃には今後も注目すべきだ。アンカーの遠藤航を軸にインサイドハーフは守田と田中碧が代えの利かない存在として担っており、彼らのバックアップは日本の課題でもあった。それを解決し、攻撃的に出るオプションとしても新たな選択肢となる男が原口だろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ