好調・柏レイソルをけん引する新10番 大きな存在感見せるM・サヴィオ

柏で司令塔となるサヴィオ photo/Getty Images

今季は4位につける柏

昨季は15位に終わり終盤でようやくJ1残留を決めた柏レイソルだったが、今シーズンは序盤から好調をキープ。ここまで16試合を終えて8勝を挙げており、順位も4位につけている。その要因として挙げられるのが、マテウス・サヴィオの高パフォーマンスだ。

今季はここまで16試合5ゴール3アシストを記録している柏の10番は、技術力とパス精度の高さを武器にJ1の舞台で結果を残す。またボール奪取にも長けており、運動量豊富に中盤からボールを奪いに行く現代型の10番だ。

第16節の清水エスパルス戦では自らのテクニックを十分に発揮してゴールを挙げる。ペナルティエリア手前から後ろ向きでボールを受けるも、鋭い切り返しでシュートコースを消しに足を出した相手をかわしたサヴィオ。左足を振り抜きゴールネットを揺らした同選手は2試合連続ゴールで柏に貴重な先制点をもたらした。

フランサやレアンドロ・ドミンゲス、クリスティアーノなど柏にはブラジル人助っ人が過去にも数多く存在した。今オフには長年柏に在籍したクリスティアーノがV・ファーレン長崎に移籍してしまったが、新たに10番を背負ったサヴィオが中心となる活躍を見せている。彼のゴールやアシストがさらに増えていけば、柏は優勝争いにも絡んでいけることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ