ノッティンガム・フォレストのプレミア昇格に貢献した逸材 ユナイテッドにアピール続けるガーナーの来季は?

ノッティンガム・フォレストでプレイするジェイムズ・ガーナー photo/Getty images

来季はどこのチームでプレイするのか

30日にプレミアリーグ昇格をかけたプレイオフが行われ、ハダーズフィールドと対戦したノッティンガム・フォレストが1-0で白星を掴み、実に1998-99シーズンぶりのプレミア復帰を果たした。過去にはFAカップやCLの前身の大会であるチャンピオンズカップの優勝経験を持つ古豪であり、古い時代からイングランドのサッカーを知る彼らがトップカテゴリーに戻ってきた。

そんなノッティンガム・フォレストで存在感を示した若者がいる。MFジェイムズ・ガーナーのことだ。

マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育った選手であり、トップチームでのデビュー後はワトフォードへの期限付き移籍を経験して、現在はノッティンガム・フォレストでプレイしている。チームではダブルボランチを任されており、今季は49試合に出場して4ゴール10アシストと素晴らしい数字を残した。

ハダーズフィールドとのプレイオフ決勝でも彼の活躍は光っていた。自慢の高精度のパスから好機を演出しており、3度のキーパスを記録。守備面ではデュエルに全勝しており、4度のタックルに成功している。英『Squawka』では「テン・ハーグは彼を見ていますか?」とガーナーが来季に向けてユナイテッドにアピールしたことを報じている。

現状ガーナーはノッティンガム・フォレストの選手だが、レンタルの期間は今季で切れることになり、来季のユナイテッド復帰は濃厚とされている。トップチームではネマニャ・マティッチの退団が発表されており、ポール・ポグバの放出は既定路線だ。そのためデクラン・ライスやフレンキー・デ・ヨングなど中盤の実力者を移籍市場で探しているが進展はなく、ガーナーが来季戦力としてトップチームで計算される可能性は十分にある。

英『Daily Mail』によるとガーナーのユナイテッドでの立ち位置は不透明であり、レスター・シティやサウサンプトン、リーズ・ユナイテッドが獲得に興味を示しているという。非常に優秀な選手であり、プレミアのクラブが関心を寄せているのが証拠だ。21歳と若く来季どこでプレイするのか注目したい(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ