最終節で起こるブヌvsクルトワのGKタイトル獲得争い サモラ賞獲得でセビージャ初の快挙なるか

セビージャの躍進を支えるブヌ photo/Getty Images

モロッコ代表の31歳

先日行われたアトレティコ・マドリード戦を1-1の引き分けに終えたセビージャ。4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場が決まった。

個人タイトルを獲得できそうな選手もいる。守護神のヤシン・ブヌだ。今季はここまでリーグ戦31試合に出場し24失点に抑えている。1試合あたりの平均失点率は0.77となっておりリーグトップ。平均失点率0.83のクルトワをわずかに上回っており、このままいけばサモラ賞はブヌのものになる。

しかし、まだクルトワがブヌを逆転する可能性も残っている。最終節で両者ともに出場し、ブヌが2失点以上、クルトワが無失点に終われば、1試合あたりの平均失点率は逆転。サモラ賞はクルトワのものとなってしまう。

スペイン『AS』によれば、ブヌがサモラ賞を獲得した場合、セビージャ史上初の快挙となるという。セビージャはすでに来季のCL出場を決めているため、無理にブヌを起用する必要はない。フレン・ロペテギ監督はブヌのサモラ賞受賞を確実にするため、彼を起用しないという選択をとることもできる。

しかし最終節のアスレティック・ビルバオ戦でもしセビージャが勝利すれば、アトレティコ・マドリードを抜いて3位でシーズンを終えられる可能性もある。セビージャが3位以内でシーズンを終えたのは2008-09シーズンが最後。理想を言えば、13年ぶりの3位とブヌのサモラ賞の両方を手中に収めてほしいところだ。はたしてロペテギ監督はどんな采配をふるうのだろうか(データは『FBREF』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ