前回23歳でW杯メンバー選出も冨安、板倉らが台頭…… フランスで主力の植田直通の今大会招集はあるか

ニームで主力となる植田 photo/Getty Images

リーグ・ドゥを戦う植田

前回のFIFAワールドカップ・ロシア大会で23歳ながら日本代表に招集され、将来の主力として活躍に期待されたセンターバックが植田直通だ。その後は海外に挑戦してプレイを続けるものの、この4年で当時と立場はあまり変わっていないかもしれない。むしろ躍進する日本の若いセンターバックたちに代表の座を奪われている状況だ。

植田はロシア大会後に鹿島アントラーズからベルギーのサークル・ブルージュへ移籍。ジュピラー・プロ・リーグでしのぎを削ると、2020-21シーズン途中からはニームへ加入してフランスへと挑戦する。9試合に出場して終盤は主力となるも、チームはリーグ・ドゥへ降格となってしまう。
それでもチームに残留した今季は、28試合に出場してレギュラーを獲得。ただ、チームは2部降格1年目を9位で終了するという苦しいシーズンとなった。

この4年間でベルギーやフランス2部で自身の評価を高めてきた植田だが、ボローニャからアーセナルへと移籍した冨安健洋や、マンチェスター・シティに所属しフローニンへン、シャルケといったクラブで主力となる板倉滉など、森保一監督が率いる日本代表で若いセンターバックが台頭。さらにシュツットガルトで活躍する伊藤洋輝ら、新顔もすでに出てきている。

また吉田麻也、冨安が離脱となった代表でファーストチョイスに選ばれたのは板倉と谷口彰悟だった。アピールする絶好のチャンスだった植田だが、2試合で出場時間はゼロ。W杯アジア最終予選では、敗戦した初戦のオマーン戦のみの出場と悔しい思いをしている。今大会も当落線上にいる植田だが、厳しい日本代表のセンターバック争いを勝ち抜くことができるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ