衰えない“40歳”のストライカーはリーガ二桁ゴール達成 チームトップスコアラーになっている衝撃

グラナダで活躍するモリーナ photo/Getty Images

マジョルカ戦では2ゴール

本当に今季はベテランFWの活躍が目立つ。

シーズン終盤にリーガ・エスパニョーラ二桁得点に乗せてきたのは、先日のマジョルカ戦で2ゴールを決めたグラナダFWホルヘ・モリーナ(40)だ。

40歳のモリーナは51分に負傷したFWルイス・スアレスに代わってピッチへ入ると、55分に素早くアシストを記録。そこから69分、後半アディショナルタイムに得点を決め、2ゴール1アシストでチームの6-2勝利に貢献した。

40歳でリーガ二桁得点に乗せてくるのは偉業で、スペイン『as』によれば40歳の選手がリーガで1試合2ゴールを記録するのは初めてのことだという。

モリーナは昨年12月にもハットトリックを記録しているが、このときはまだ39歳だった。今年の4月に40歳の誕生日を迎え、それ以降では初の複数得点だ。

今季のグラナダで得点数を二桁に乗せているのはモリーナのみで、40歳のFWがチームトップスコアラーとは驚かされる。クラブとの契約は来夏まで残っているが、この調子なら来季も問題なくチームに貢献してくれるはず。モリーナもまた、年齢は単なる数字と証明してくれているストライカーの1人だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ