悪い流れを断ち切った終了間際の決勝点 プリシッチのゴールを生んだルカクの献身性

途中出場の2人が試合を決めた photo/Getty Images

ウェストハムに1-0と勝利

チェルシーはプレミアリーグ第34節でウェストハムと対戦。終了間際に1点を奪い1-0で勝利を手繰り寄せた。貴重な先制点に絡んだのは、途中出場のクリスティアン・プリシッチとロメル・ルカクだ。

チェルシーはボールを保持しながらチャンスを作り、攻勢に出るもゴールを奪うことができない。87分にはPKを獲得し、先制点の絶好機を得たがジョルジーニョのキックは相手GKに止められてしまう。

前節はアーセナルに敗れ、ここで決め切れずにスコアレスドローとなれば嫌な流れが続いてしまう状況だったが、途中投入の2人が空気を変えていく。90分、マルコス・アロンソが左サイドから突破すると、中央でフリーになっていたプリシッチがゴールネットを揺らし、大きなゴールを手にする。この1点を守り切ったチェルシーが悪い流れを吹き飛ばす勝利をゲットした。

得点シーンではルカクはボールに直接絡んではいないものの、M・アロンソが突破していく中でルカクはニアへと走り出している。GKの前でボールを受ける形を作ったため、プリシッチのケアーをするべき守備陣もルカクにマークが行くことでプリシッチが完全にフリーとなっていた。狙いすましたシュート技術も高かったが、ルカクの献身的な動き出しがフリーの状況を生んだことにより、プリシッチが落ち着いてゴールを決めることができたのだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ