シック離脱の穴埋めに期待の新エース ゼニトから早期合流したFWの今季は

ゼニトで結果を残したアズムン photo/Getty Images

アズムンはブンデスでも活躍できるか

現在レヴァークーゼンは、今季のブンデスリーガでバイエルンとドルトムントに次ぐ3位と好調をキープしている。若い選手が主力に多くいるチームは勢いに乗ると手が付けられない強さを見せている。

チームを引っ張るFWパトリック・シックは、ブンデスリーガ第23節のマインツ戦で負傷交代を余儀なくされる。今試合でも先制ゴールを決め、今シーズンすでに20ゴールを記録するエースの離脱で、チームは攻撃力の低下が懸念される。

そんなチーム状況で大きな期待を寄せられるのが、ゼニトから今冬に加入となったサルダル・アズムンだろう。本来であれば来季加入だったものの、今冬に移籍金を払ってレヴァークーゼンに迎え入れられた。加入後すぐに“9番”を与えられたイランのエースは、すでにチームのトレーニングに参加しており、コンディションが整えばブンデスデビューもあるだろう。

シックが離脱中のチームは、ムサ・ディアビが得点能力を開花させて12ゴールを決めるなどアタッカーが結果を残している。アズムンもゴールで期待に応えられるか、初めての挑戦となるドイツでのプレイに注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ