レンタル生活続くアメリカ代表DFはバイエルンに戻れるか 「アラバと同じように……」

ホッフェンハイムにレンタル中のリチャーズ photo/Getty Images

理想は現レアルDFと同じようなステップアップ

近年、多くの若手アメリカ人選手が欧州トップシーンで頭角を現している。そのなかでも、DFのポジションで特に注目されているのはクリス・リチャーズ(21)だろう。2017年夏、母国のFCダラスからバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれた同選手。前線や中盤に比べて最終ラインのタレントはそこまで多くないアメリカ代表にとって、若くして欧州へ渡ったセンターバックへの期待値は高い。

しかし、リチャーズは今後バイエルンへと舞い戻り、順調なキャリアを歩んでいくことができるのだろうか。現在の同クラブではダヨ・ウパメカノ(23)やタンギー・クアッシ(19)といった若いCBが成長中。リチャーズのレンタル期間中も、最終ラインの世代交代は進んでいる。今季終了後にはニクラス・ズーレが退団するものの、クラブはその後釜として欧州屈指の実力者を何人かリストアップしているようだと現地メディアが伝えている。ホッフェンハイムではまずまず良いペースで成長を見せているアメリカ代表DFだが、バイエルンに戻って大活躍というシナリオは現時点で少し考えづらいかもしれない。

とはいえ、リチャーズはまだ諦めていない。彼は今後のキャリアにおけるステップアップの理想像をダビド・アラバ(現レアル・マドリード)としつつ、バイエルンへの復帰を最優先に考えていると次のように語っている。

「誰もがアラバのストーリーを知っている。それは僕も一緒だよ。ホッフェンハイムの選手たちも、その多くが将来ヨーロッパのトップクラブで活躍する夢を抱いている。特に若手はね。僕もその一人だ。そう遠くないうちにバイエルンへと戻って、アラバと同じようにステップアップしていきたいと考えている。おそらく、現時点で考えうる中ではそれが最高のシナリオだろうね」(独『Spox』より)

バイエルンへ復帰する未来はやや見えづらくなっているものの、ホッフェンハイムではきちんと結果を残しているリチャーズ。今季はブンデスリーガ17試合に出場して地上戦勝率68.42%を記録するなど、確かな成長は見て取れる。高いポテンシャルは備えているはずだが、はたして彼は近い将来アラバのようなステップアップを果たしていくことができるのだろうか。バイエルンでその才能が開花するとなれば、非常に興味深い存在になりそうだが。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ