リヴァプールが“NEXTイニエスタ”を狙う? バルサの新星がプレミアへ電撃移籍か

バルサで大きな飛躍を遂げるガビ photo/Getty Images

大きな成長を見せるガビ

リヴァプールは今冬でルイス・ディアスを獲得し、前線の若返りを進めている。ディアスを獲得したFWだけでなく中盤でも世代交代を考えているかもしれない。

移籍の噂が挙がっているのがバルセロナのガビだ。英メディア『90min』によればリヴァプールがガビに現在の年俸の倍額に加え、800万ポンドのボーナスを準備していると報じている。

バルセロナとガビの契約は2023年6月末までとなっており、現在もガビとの契約延長に向けた交渉が続いている。財政難のバルサに対してリヴァプールは、高額な移籍金を払って獲得する予定であるようだ。

高いパス精度や攻撃センスを見せ、アンドレス・イニエスタのような選手に成長することを期待されているガビ。リヴァプールでは彼のようなパサーとしてバルサのアカデミー育ちのチアゴ・アルカンタラが存在する。チアゴはガビにとっても良いお手本となり、クラブにとっても30歳を迎えたチアゴの後釜として成長に期待できる。

またチアゴ以外にもリヴァプールには、ジェイムズ・ミルナーやジョーダン・ヘンダーソンといった30代の中盤のプレイヤーが少なくない。現在17歳と若く、世代交代を狙うリヴァプールにとって獲得できれば非常に大きな補強となるだろう。カーティス・ジョーンズやハーヴェイ・エリオット、タイラー・モートンなどとともに強固な中盤を形成できるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ