1年半で《世界最高級GK》へ CL、UEFAスーパー杯獲得などE・メンディの勢い止まらず

チェルシーでも高評価を得るメンディ photo/Getty Images

セネガル代表でもアフリカ王者に

チェルシーに移籍した2020年夏より、凄まじいスピードで評価を上げているのがセネガル代表GKエドゥアール・メンディだ。

チェルシーに移籍するまでメンディはフランスのレンヌでプレイしており、当時はそこまで有名な存在ではなかった。しかし、チェルシーに加入した2020-21シーズンにはいきなりチャンピオンズリーグ制覇を経験。

さらにUEFAスーパー杯も獲得し、先日はセネガル代表の守護神としてアフリカ・ネイションズカップまで制覇した。個人部門でも今回のアフリカ・ネイションズカップ最優秀GK、2021年のFIFA最優秀GKなど複数タイトルを手にしており、これらを18カ月のうちに獲得したことになる。

パフォーマンスの方も高い評価を得ており、今では世界TOP10に入るGKとまで言われるようになった。足下の技術など不安な部分もゼロではないが、シュートへの驚異的な反応速度は群を抜いている。シュートストップの部分では間違いなく世界トップクラスだ。

出場するかは分からないが、メンディはここからクラブワールドカップを戦うチェルシーに合流する予定となっている。実力的にはクラブワールドカップも欧州王者チェルシーが優勝候補筆頭で、メンディにはまた1つタイトルを追加するチャンスだ。

レンヌ時代から優れたGKではあったが、チェルシー移籍でメンディのキャリアは大きく動き始めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ