過去にはメッシとの比較も スパーズ離れた金の卵が2年半で掴んだポルトガル名門への切符

ギマランイスで結果を出したマーカス・エドワーズ photo/Getty Images

今冬にステップアップ

以前トッテナムを指揮していた現パリ・サンジェルマン指揮官マウリシオ・ポチェッティーノは若手育成に長けていると評判で、トッテナムでも多くの若手を成長させてきた。

その流れに乗ると期待されていたのが、現在23歳のFWマーカス・エドワーズだ。

トッテナムの下部組織で育ったエドワーズは10代の頃より注目されており、英『Daily Mail』は過去にポチェッティーノがリオネル・メッシとまで比較していたことを振り返っている。2017年にはU-19イングランド代表の一員としてU-19欧州選手権優勝にも貢献しており、イングランド新・黄金世代の1人でもあったのだ。

しかし、トッテナムのトップチームではほとんど出番が与えられなかった。2018年からはノリッジ・シティ、オランダのエクセルシオールとレンタル移籍を続け、2019年にはポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスに完全移籍。静かにトッテナムを離れることになった。

あれから3年。168cmの小柄なアタッカーはヴィトーリアで2シーズン半戦い、今季はリーグ戦17試合で7得点2アシストの成績を残した。それを受けてエドワーズ獲得に動いたのがポルトガルの名門スポルティング・リスボンだ。

今年の1月にエドワーズはスポルティング・リスボンと2026年までの契約を結んでおり、ポルトガル国内でステップアップを果たすことになった。出場機会が増加したことを考えれば、ポルトガル挑戦は正解だったと言える。

同メディアはまだエドワーズのポテンシャルが完全開花したわけではないとも主張し、さらなる成長に期待をかけている。スポルティング・リスボンはイングランドより出てきた若き才能を抱えることになったが、ここからA代表へ入っていくレベルまで成長できるのか。3年でエドワーズの評価は確実に上昇している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ