チェルシーにも通用した南野拓実の武器 サウジ撃破の先制点に見せた強み

先制点を決めた南野 photo/Getty Images

南野の得意とするゴールパターンだ

FIFAワールドカップのアジア最終予選で日本代表はサウジアラビアと対戦。ワールドカップ出場には絶対に勝利が必要だった一戦で、先制点を決めたのは南野拓実だった。クロスボールに反応すると冷静に守備をかわしてゴールネットを揺らす。

日本の良いペースが続いていた30分に日本が先制ゴールを決める。酒井宏樹のスルーパスに抜け出した伊東純也が、中央にクロスを供給。反応した大迫勇也はあえて触らず後ろにいた南野へとつながる。南野は冷静に相手DFをかわしてシュートを放つと、待望の先制点を奪った。

このゴールシーンは南野のゴール前での冷静さと技術力の高さが垣間見える得点だった。こういったゴールはクラブチームでも度々見せている。昨季プレミアリーグ初得点となったクリスタル・パレス戦では、開始2分でゴール中央でボールを受けると、一度フェイントを入れて相手DFの体制を崩してからゴールネットを揺らした。

さらに昨季サウサンプトン在籍時に対戦したチェルシー戦では、スルーパスに抜け出してゴール前でチャンスを作ると、セサル・アスピリクエタをシュートフェイントで冷静にかわし、シュートを決めてみせた。このプレイにエドゥアール・メンディも反応できず、ゴール前での冷静さが光る得点だったといえる。

サウジアラビア戦でもシュートブロックに入ったDFをいとも簡単にはがしてゴールへとつなげた南野。冷静さと技術力は彼の大きな武器となっており、南野の十八番ともいえる得点パターンなのだ。最終予選で初得点を挙げた南野は、チームへの残留を決めたリヴァプールで、このお得意のゴールシーンを増やすことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ