アンリ2世へ2022年はマルティネッリが“主役”になるべし 20ゴール以上奪うFWへの挑戦

さらなる飛躍が期待されるマルティネッリ photo/Getty Images

アーセナルの点取り屋へ

現在のアーセナルでは多くの若手が躍動しているが、2022年にもう一段階レベルアップを望みたいプレイヤーもいる。

新たな得点源と期待される20歳FWガブリエウ・マルティネッリだ。

今季アーセナルでは規律違反からFWピエール・エメリク・オバメヤンがキャプテンマークを剥奪されるトラブルがあり、オバメヤンには移籍の可能性も噂されている。オバメヤンも32歳にはなっていたため、そろそろ世代交代を図りたいタイミングでもあった。

そこで期待したいのがマルティネッリの成長だ。マルティネッリもセンターフォワード、さらには左のウイングでプレイ可能で、ポテンシャルは間違いない。2019-20シーズンはプレミアリーグで3点、昨季は2点だったが、今季はすでに4点を奪っており、ひとまずアーセナル移籍以降のキャリアハイは超えた。

これをまずは二桁に伸ばしたいところで、願わくば20点以上奪えるFWに成長してくれると心強い。そうなれば真のティエリ・アンリ2世と呼ばれるようになるかもしれない。

米『ESPN』も「2022年のU-21ブレイク候補」にスパルタ・プラハ所属のチェコ代表FWアダム・フロジェク(19)、レンヌFWカマルディーン・スレマナ(19)、ブラジルよりインテルナシオナルFWユーリ・アウベルト(20)、パルメイラスFWガブリエウ・ヴェロン(19)らと一緒にマルティネッリの名前を挙げており、マルティネッリもブラジル出身のアタッカーだ。アーセナルでのブレイクからセレソン入りを果たしたいところだろう。

ブカヨ・サカ、エミール・スミス・ロウ、マルティン・ウーデゴーら攻撃陣にタレントは揃った。あとは得点を量産してくれる若手アタッカーが欲しいところで、2022年のマルティネッリにかかる期待は大きい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ