浦和から来たWBが相模原の左サイドを制圧する? 19歳の若きSBが高精度の左足で魅せる

相模原とのPSMにも出場した福島 photo/Getty Images

福島が浦和から相模原へレンタル

SC相模原は浦和レッズから福島竜弥を期限付きで獲得したことを発表した。積極的なオーバーラップと精度の高いクロスを武器とする左SBが、相模原の左サイドを活性化させることができるか。

浦和ユース出身の福島は、今季トップチームへ昇格したばかりの19歳だ。J1での出場はなかったものの、ルヴァンカップで3試合に出場。2-1で勝利したグループステージ第3節の横浜FC戦では、同点弾をアシストして逆転ゴールの起点にもなるなど、2ゴールに絡む活躍でチームの勝利に貢献した。

左足から精度の高いクロスを供給することができる福島。左から攻撃の起点となれるサイドの司令塔として、相模原の攻撃陣とどう絡んでいくか期待が持てる。レノファ山口FCから新加入の浮田健誠といった長身FWや裏への抜け出しが上手い船山貴之など、彼らに向けて多彩なクロスを放り込む姿が楽しみだ。

昨季のスタイルを継続するのであれば[3-4-2-1]の左WBとなるだろう。チーム残留が決まった夛田凌輔などとのスタメン争いが予想される。SBよりも一つ前のポジションであれば、彼の攻撃力はより活きるはずだ。まずは自身の武器を遺憾なく発揮し、守備面をさらに強化できれば、相模原の主力として輝くことができるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ